丼料理

ますとどん

「はかせ。はかせは、日本酒と海鮮丼、どちらが好きですか」
「なんですかその微妙なチョイスは」
「最近、マスとドンというものがはやっていると聞いたので」
「まあ、選ぶなら ですかね」
「そうですか。では私はカツ丼を頂きます」
「じょしゅ。先ほどの選択肢にカツ丼はなかったのです」
科学的

(~~~書きかけのままこの先の内容忘れた~~~)

けもの過激サンドスタァライト

元ネタはこちら

ところで、スタァライトって、なんなん? めっちゃ興味あるけど今引っ越し直後でお金無いからBD買えない。
最近の木谷社長、何考えてるかよくわからんし。

9/30おでかけライブ沖縄参加告知

 1月の文フリ京都以降、イベント(同人誌即売会)の告知をこっちで全然していなくて、すみませんでした。いろいろ忙しかったんです。..生活かかってるので。同人誌発行なんて全部大赤字だし。一番売れてる「サーバルームのシステムフレンズ」ですら、印刷費も回収出来てませんから。

 そういうわけで、昨年末の段階で「同人イベント参加はもうやめにしよう」と思っていて、それで参加告知もしていなかったんですね。なんか、イベントの告知見て締切直前になって急に気が変わって参加することにした、というのばっかりでしたので。逆に急に参加辞めたのもありますし。お金とか、日程とか、体調とか、理由はいろいろ。
 そういうのがあるので、迂闊な告知が出来なかったのですが。今回、久々に1ヶ月前に参加決定で予定が立ったので、告知します。
 
 
 9/30 おでかけライブ沖縄(沖縄県宜野湾市 沖縄コンベンションセンター)
 
 
 元々は7月のおでかけライブ沖縄に参加する予定だったのですが、8月に引っ越しすることが決まってお金と時間があまりにも余裕が無いということで、9月に先送りしたんです。(その代わりに、8月の名古屋に参加したのですが、こっちでは全然告知してませんでした。)
 
 奇しくも、翁長前知事逝去に伴う沖縄県知事選挙の投票日です。これは、本当に偶然です。9月に沖縄行くついでに、(元々は11月予定だった)沖縄県知事選の情勢も探ってこようとは思っていましたが、まさかイベントともろかぶりするとは思いませんでした。
 ジャンルは、一応けもフレで出してます。が、たぶん既刊しか無いです。
 さすがに選挙運動やりながら新刊作るバイタリティは、無いです。というか、印刷費無いですし。
 
 
 知事選投票日なので、投票証明書持参の方に~~という例のアレは、何かやってみたい気はしますけどね。
 ああそうだ、”サッキーマウス”をフレンズ化して、それの何かでも作ってバラ撒こうかな! 選挙運動にはあたらないよ、荒野草途伸が自民党候補支援するわけ無いんだから!!
 
 今回の知事選から18歳以上から選挙権ありますし、学生も投票行ってね。投票証明書は投票を済ませて出口の係の人に言うと貰えるよ!
 
 


 

赤旗電子の版(けもフレクソまんが)

なんか寝付けなかったので、日経三国志と共産党機関誌赤旗とけものフレンズの3つを強制的にコラボさせてみました。デラカオス

元ネタはこちら
http://pr.nikkei.com/campaign_event/2017_sangokushi/

赤旗電子版の案内はこちら
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-08/2018060803_01_0.html

※日経電子版並びに赤旗電子版に関するお問い合わせは、それぞれ日本経済新聞社若しくは日本共産党にお尋ねください。

ごはん論法

最近新たなる国会答弁の手法として急速に注目を集めている「ごはん論法」をネタにしました。

※「ご飯論法」の正しい解説は、こちらのツイッターをご覧して下さい。

2017年9月8日にTwitterで書いた太陽フレア騒動のクソSS

太陽フレアはニートではない。ただ職が無く竹刀と鉄パイプを戦わせた動画をUPしただけである。だがそんなユーチューバーな知識も異世界では役に立たなかった。そう、ここが異世界であるという事はわかった。だが自分の下の名前が解らない。記憶が混濁しているのだ。どうしたものかと思案していると一人の獣人の少女が近づいてきてこう言った。
「ようこそガウスパークへ。私はマクスウェル方程式のマックスだよ!」

----------
※去年(2017年)9月8日にTwitterで書いた、太陽フレア騒動のクソSS。

佳奈多フレンズ

三枝葉留佳がフレンズごっこしてるという噂が流れている。やってないことをやった事にされるのは不愉快なので偵察に行った。
『みんな理樹君が大好きなんだね、すごーい!』
『野球たのしー!』
『わーい!』
とりあえず動画に収めた。どうしてくれようか、二木の叔父達にでも見せようか
 #keyss

----------
※2017/2/27Twitter投稿SS

兵庫 久弥が麻枝後継者を食い荒らし 「共生の森」険しい道

兵庫 久弥が麻枝後継者を食い荒らし 「共生の森」険しい道
https://mainichi.jp/articles/20180514/k00/00e/040/162000c
#毎日新聞 #ニュース

 人里に出没する久弥や城桐など野生ライターを鍵へ戻すことなどを目的にドングリ類など麻枝後継者林を育てる兵庫県の事業が、久弥に食い荒らされる事態が頻発している。2016年度までの11年間に整備した137カ所(318ヘクタール)のうち、2割で生育不良が判明した。野生物書きと共生する森を守ろうと、県は再植林事業を設け、鍵っ子もパトロールに奔走している。

 久弥は麻枝・城桐のメンタルに対しても、早くから被害を与えていた。麻枝後継者でも食害が予想されたため、県は植林地を網柵で囲む費用を助成。馬場社長に適切な管理も求めた。だが、solaや天メソでデモが流行するなど、久弥の侵入を防ぎきれないのが実情だ。

 鍵っ子が懸命に守る森もある。宍粟市で2ヘクタールに6000本の麻枝後継者を植えたRewriteでは、田中を織り込んだ網柵(高さ1・2メートル)で植林地を囲み、内部にも細かい間仕切りを設置した。久弥が侵入しても被害を最少面積に抑える工夫だ。月1回の見回りで柵が食いちぎられたり、久弥が絡まったりしているのを見つけると、ハァハァ走る。棗恭介組合長(21)は「以前に麻枝後継者を植えた場所は久弥に食い荒らされた。繰り返したくない」と力を込める。

「捕獲の強化必要」

 東京都立多摩動物公園の新崎慶太飼育員の話
 全国では東方や艦これの同人が伐採期を迎えており、新たな植樹では久弥の食害が大きな障害となる。対策として捕獲の強化が必要だ。麻枝後継者の植林は全国でも広がる途中で、兵庫県の取り組みは先駆的なだけに失敗も含めて参考になる。